プロフィール
株式会社Karigo

2007年11月27日

あなたはアスリートになれますか?

起業もスポーツもビジネスも共通している点が多々あります。一つ、もしくは複数のスポーツで本気でプロになれると思う人は、どのくらいいるのだろうか
起業やビジネスと言うカテゴリからちょっとずらしてオリンピックやプロ選手などのスポーツ分野でトップアスリートになろうとする。

この行為自体は、起業などにも通じるものがあるのではないかと思う。

プロになって売れたいと思うミュージシャンや芸人。そういった人たちと同じである起業家。

統計学的に人数で比べたらどうこうなどと論理的で客観的な見方は出来ないが通じるものがある。

誰かがプロの芸人になりたいと言う。なれないからやめておけ

誰かがプロゴルファーになりたいと言う

誰かがプロミュージシャンになりたいと言う


それと同じ。
気持ちは全く同じ。起業して何かを成し遂げる。


スポーツだから、音楽だから、ビジネスだから。ジャンルは違えどもみんな目指している高い場所がある。

起業家は、視点をちょっと変えてみると分りやすい。自分は、果たしてプロのミュージシャンになれる根性や曲が作れるだろうか。

自分は果してオリンピックに出れるぐらい練習をし、体を鍛え、トレーニングを行う事が出来るか。


ゆくゆくは、戦後から見過ごされつつあったスポコン的な根性とか執念、そういった気持。見えないものが重要だったりする。

消えない情熱



良く聞く話

「起業して成功する3つのポイントはなんですか?

「はーい!」

「ひと、もの、かねで〜〜〜す」


人やものや金があっても失敗するのがビジネスです。

人脈がない、ものが無い、金もない、人材もない、ないない尽くしで成功する人もいる。


ただ、統計学的な話をすると人脈も金も人材もあった方が良いに決まっている。でもそれが全てじゃない

何気に目に見えない要素が大きく働く事が往々にしてあるのが常なんだと私は感じます
同じカテゴリー(その他)の記事
リリース間近!
リリース間近!(2009-11-17 13:24)

携帯のカメラ
携帯のカメラ(2009-09-11 10:43)

Posted by 株式会社Karigo at 16:18│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。