プロフィール
株式会社Karigo

2010年08月05日

ブログタイトルを変更しました

「バーチャルオフィスを広める社長のブログ」と言うタイトルから変更してみました。もう、十分認知されてきたのではないかと思います。

起業の一つの選択肢としてレンタルオフィスやバーチャルオフィスが広まった事で日本も起業や独立に対する競争力が多少なりとも高まったのではないかなと。


友人の社長から聞いた話では、日本よりも中国のバーチャルオフィスが今は活発だとか。人口も多いし会社数も多くなれば必然的に盛況になる市場なのは間違いない。


この業界にも多くの上場企業が参加する事により一昔前の印象よりもずっと身近になったのではないかと思う。ただ、レンタルオフィスの多くがこれまた外資系企業によって構成されているのは非常に残念でならない。

また、ファンドが実質持っているようなところもある。



業界として小さな日本で鍔迫り合いしているのを見たり聞いたりすると本当にがっかりする。このまま衰退していく日本で何を小さなことを・・・と思ってしまうのが本音だ。


このサービスは、物件の賃料に依存する。つまり所有している企業と賃貸の企業では、レンタルオフィスやバーチャルオフィスの価格競争力に雲泥の差がある。ゆくゆくは、どんどん無料に近づくのではないかと思っている。

人が最低限やらなければいけないサービスは、人件費以上の価格になるのが主だがそれらのサービスで収益を上げる必要性は全くなく。その他のサービスとの複合で収益を得るスタイルが一般的になるはずだ。



受け入れ先は増え、全体のパイは減る。


良く考えると起業家にとっては、まだまだこれからいい条件が揃っていく事になりそうだ。あくまで販管費と言う視点から見た場合だが
Posted by 株式会社Karigo at 14:50